クログ Ku-log

クロワッサンのBlog → クログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Opera:タブ型ブラウザ

ツールの紹介。

ブラウザとは、Webページを閲覧するためのソフトのこと。
HTMLファイルや画像ファイル、音楽ファイルなどをダウンロードして、表示・再生します。

たぶん多くの人は、Internet Explorer(以下IE)を使ってると思うけど、ブラウザにはIE以外にもいくつか種類があります。

有名どころとしては、FirefoxSleipnirSafariNetscape、などなど。
今回オヌヌメするのは、Opera

opera
Opera外観。


特徴は、
・タブブラウザ
・マウスジェスチャーが実装
・テキストと同時に画像も拡大・縮小するズーム機能
・スキンが簡単に変更できる
・メールクライアント「M2」が内蔵されている
・RSSフィードリーダー
・検索エンジン用の検索窓がある
・BitTorrentクライアント機能
・パスワードマネージャー
などなど。

IEしか使ったことない人にとっては、特にタブブラウジングとマウスジェスチャーの機能は、目から鱗なはず。

解説サイトには、Opera-PukiWikiPlus!があります。

カスタマイズ性・拡張性とかはFirefoxのほうが上だと思うんだけど、初心者向け&初期設定のままで結構使えるのはOperaだと思うなぁ。

参考データとして、各ブラウザのシェアは、W3Counter - Global Web Statsというアクセス解析サービスを提供しているサイトで調べることができます。
更新が頻繁なため、最新に近いデータだと思います。

ここを見る限りでは、世界的には、IEのシェアが食われて、Firefoxのシェアが激増、OperaとSafariが微増という流れが見えます。

といってもIEは6割以上のシェアを誇っているし、日本だけに限れば、もっとIEのシェアは高い気がします。
何よりウェブコンテンツを作成する側(特に個人サイト)としては、IEでの表示確認しかしていないと思われるので、今のところIEが事実上の標準ブラウザになっています。
Internet Explorer 7.0もβ版を脱して正式版がリリースされたしね。

でもまあ、興味のある人は、ブラウザの乗換えを検討してみてください。
各ブラウザの比較は、タブブラウザ推奨委員会が詳しいです。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/25(土) 18:13:04|
  2. ツール
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。