クログ Ku-log

クロワッサンのBlog → クログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FAIワールドグランプリ2006 "アエロバティックス"

金曜の夕方に、しげまる君から「明日ツインリンクもてぎに行かね?」的なお誘いがあった。
なにやら、アエロバティックスの世界選手権があるらしい。
飛行機にはちょっと興味があるので即OKして行ってきました。

この大会は、ジェット機ではなくてプロペラ機の大会。
アエロバティックスとは、4分ぐらいの曲に合わせて、フィギュアスケートのように空を舞い、技術性や芸術性を競い合うもの。
1998年から毎年開催されてたんだけど、2003年に事故があってそれからは中止に。んで、今年めでたく復活したとのこと。
しげのて
会場の様子と写りこんだしげまるの手

実際の競技はというと、回ったり、ひねったり、急降下したり、空中で止まったり(!)、いやーすごかった。
それだけでもすごいのに、音楽と演技が信じられないくらいぴったりあってて、鳥肌モノだった。

各人、競技が終わった後に観客席近くを飛んでくれるんだけど、レース場の観客席より低い所を、まるで車がドリフト(!!)するように飛ぶのにはマジで興奮。

7月に百里基地で航空祭があって、そこで軍用機のデモンストレーションを見たことがあるんだけど、一味違うね。

軍用機のデモンストレーションを、爽快感・スピード・精密性・厳密性っていう言葉で表現するとしたら、アエロバティックスは、芸術性・職人芸。
どっちも個性があって面白い。

選手権の後は、サイン会&飛行機展示会に直行。
最多優勝回数を誇るユルギス・カイリスにサインをもらってきました。
行きの車では名前も知らなかったくせに、俺ってなんてミーハー・・・
レッドブル
レッドブルっていう飛行機。意外と小さい。

後日、結果を公式サイトで確認したところ、そのユルギス・カイリスがぶっちぎりで優勝だったみたい。
素人目で見ても、ほかの選手とはちょっと違うなって感じでした。

以下、適当に箇条書。
・しげまる君のお父さんが持っていたような1眼レフが欲しいって思った。社会人になったら絶対買ってやる。
・スホーイって軍用機だけじゃなくって、曲技専用機もあるんだね。
・出店を回っていたら「界王拳!!」って叫んで走り去った子供が居た。
・あのガチャガチャに200円は高すぎる。

いやー、いい経験した。
しげまる君誘ってくれてありがとう。



スポンサーサイト
  1. 2006/11/05(日) 23:43:57|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/04/17(金) 10:32:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bbonflow.blog19.fc2.com/tb.php/1-b8c5b432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。